定期提出書類の記載は難しいですね。様式の本質がわからない、特に別表Hなんて意味不明。どうぞご安心ください。わかりやすく解説しています。
公益法人会計は企業会計に近くなってきているものの、独特な処理が存在します。立ち入り検査に同行しているため、行政から相談を受けることもあるので可能な限りでそのお話も記事にしております。

最近の低金利を反映して外貨建有価証券を保有するケースが増えています。外貨建 ...

会計に関して公益法人から生の声を聞くことができました。研究報告やFAQが公 ...

評判の芳しくない定期提出書類 別表H。 フォームを変えて簡便にしたものが利 ...

立入検査において指摘事項のない公益法人は、まず、ありません。大切なことは指 ...

資産取得資金は、実務的には特定費用準備資金ほど浸透していませんが、収支相償 ...

特定費用準備資金の要件を検討するに際して重要なことは、将来、公益目的事業の ...

立入検査は、法令で明確に遵守することを定められた事項に関して、事業の運営実 ...

何を計算しているのかよくわからない別表H。その作成の目的は、公益認定を取り ...

「財務3基準への法人の理解が十分ではない。」というのが、立入検査に対する私 ...

公益法人会計基準は、企業会計基準の内容をドンドン取り入れています。退職給付 ...